2016年09月07日

産経新聞オリジナル酒造り 続き〜搾り

前回のお酒造りの後

産経新聞の方から
「お酒の絞りをしますが参加しますか?」

こんなお知らせを頂いたので、
もちろん
「はい、宜しくお願い致します」と返事

9月1日7時31分出発→8時30分集合!
と相成りました。

この度は、
熟成させたどぶろくのようなものを
袋の中に入れ絞る作業をします。

お話を伺うと
初めは1t最後になると8tも圧力をかけるのだそうです。
ですから、1つ1つの部品が重いこと重いこと…大変な作業です。

酒造り2

酒造り4


酒造り3


酒造り5

酒造り6

普通、お酒を造るのは冬の仕事なのに
今回は8月〜9月にお酒を造っているのです。

そう、
室温が6度位に設定された中での作業ですから
普段の服では寒いのです。

私、冬服を用意するのを忘れたので
白い作業服を2枚重ねして参加しましたが
それでも寒かったです。

この度、産経新聞で超辛口のお酒を発注、
どこにもないオリジナルのお酒です。

ちょっと試飲させていただきましたが、
本当に辛いです。
でも
このお酒をお刺身やイカの塩辛で頂いたら
最高のような気がしました。

これから瓶詰めをして、打ち上げの一杯が楽しみです



posted by miyako at 15:27| 新潟 ☀| Comment(0) | 佐渡の酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする