2019年02月13日

尾畑酒造(真野鶴) 利き酒 @

尾畑酒造(真野鶴)蔵開きの続きです♪

今日から7本の種類の試飲をしてきた感想を
少しずつ書き溜めたいと思いまーす。

今70歳〜80歳過ぎの方は本当にこの1本を愛す。

それは「真野鶴 本醸造 辛口鶴」

これが俺の酒と言って毎晩こよなく愛して飲んでいただいています。
それも1升瓶をテーブルの横又は炬燵の横に置いて。

しかし今は違います。
酒造会社が米をカットして商品開発を行ったり、
米の品種改良をしたりしているため、
30〜60歳代の方はいろいろな味を楽しんでいます。

720mlとか300mlの小さな瓶で色々な味を楽しんでいるんですよ。
島外のお客様からご注文いただくのはほとんど720mlそれも純米酒や大吟醸です。

この真野鶴本醸造は我が家も食卓の横に置きこよなく愛する方で、食事を楽しんでいます。


真野鶴 本醸造 720ml.jpg


佐渡の酒.com HPはこちらから〜

posted by miyako at 13:00| 新潟 ☁| Comment(0) | 佐渡の酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

2月5日尾畑酒造(真野鶴)の蔵開き

2月5日 尾畑酒造の蔵開きにお招きいただき
島内の酒屋さん方と行って来ました。

まず蔵見学からでした。
越淡麗の純米吟醸を作っている所を見学して来ました。
杜氏さんと従業員さんがきびきびと働いている姿が気持ちよく
こちらの方も緊張気味です。

DSC_0180.JPG

DSC_0181.JPG

DSC_0183.JPG

DSC_0184.JPG

DSC_0185.JPG

DSC_0187.JPG

DSC_0188.JPG


酒米を蒸し、スコップで機械の口に入れると
大きな機械は冷まして拡散して出てきます。

ここから室庫へ行き酵母をかけ撹拌をして布で覆い
温度を一定にして発酵させます。
…話は長くなるのでこのくらい。



次々と過程を見学させていただき、次はいよいよ利き酒コーナー
これが1番の楽しみでした。

DSC_0202.JPG

いただいたお酒は7種類
@ さくら純米 純米生貯蔵酒
A 辛口鶴 本醸造
➂ 純米鶴 純米酒
C 辛口純米 純米酒
D 純米吟醸 
E 超真野鶴 辛口純米原酒無濾過生
F トリコール白 純米活性にごり

次から次へと利き酒をさせていただきました。
エールフランスの機内酒になっている大吟醸など…。
幸せな時間でした。

1本1本説明をしますと長くなるので
少しずつブログを書いて皆様に紹介をしたいと思います。

posted by miyako at 11:28| 新潟 ☁| Comment(0) | 佐渡の酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

立春大吉の販売開始

今日は立春大吉の瓶詰めの為、
北雪きりょうよしの会員は赤泊の北雪酒造に出向き
お酒の瓶詰・ラベル貼りをしました。
午後からは店に戻り、早速お客様に発送致しました。

P1030138.JPG

夜は、私の誕生日の為ご馳走です。
乾杯のお酒は立春大吉です!

お酒を口に含むと、
なんと花園の中にいる感じでした。

後味が良くとても良い出来栄えになっていたのです。

これならばお客様に喜ばれること間違いはないと思い大変嬉しかったです。

2月15日は立春大吉を楽しむ会がありますが
皆様に喜んで頂く事が今から楽しみです。


posted by miyako at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | 佐渡の酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする